はなよのゲームラボ

独自のゲーム論を語ったり本の感想を置いておくブログです。

カテゴリ: ゲーム考察

最近、コンシューマーゲームの話題をとんと聞かなくなりました。周りはみんなソーシャルゲームやブラウザゲームのプレイヤーばかりで、現に私もここ最近はコンシューマーに手を出さなくなりました。

原因はなんでしょうか? わざわざハードを買うのが高いとか、ハードを置く場所が無いとか色々あると思いますが、私はコンシューマーゲームから「挑戦の要素」が無くなったからつまらなくなったと考えます。続きを読む

が音楽ゲーム(以下音ゲー)を遊び始めたきっかけは、2014年2月にニコニコ動画のランキングで見かけた「エンジェリオン」という曲がきっかけでした。

その動画のゲーム・・・「ポップンミュージック」という名にふさわしい可愛らしい曲調と、人間に弾ける事ができるのか?と思うほどの苛烈な譜面のギャップに魅了され、仕事終わりは家でゲームばかりしてた私がゲームセンター(以下ゲーセン)に通い始めるようになりました。

休みの日はほぼ家に引きこもってゲームをしていた私が、今はほぼ毎日のようにゲーセンに通いSNSで音ゲー仲間と交流を持つようになりました。なぜこのような変化が起きたのでしょうか。

私はこの事を「音ゲーにはスーパーベターになるためのヒントが隠されてるのではないか?」と考えます。今日はその話をしていきます。
続きを読む

前の記事:ソーシャルゲームはゲームなのか?

多くのソシャゲには「スタミナ」という概念があります。ステージをプレイする毎に消化され、スタミナが無くなるとそれ以上ステージに挑む事ができなくなります。

再びステージに挑むには時間で自然回復されるのを待つか、課金で買えるアイテム(石)を使う必要があります。課金に抵抗が無ければ石を使って空いてる時間に好きなだけプレイする事ができますが、課金しないと決めたプレイヤー(無課金)は石を自由に使う事はできません。

この仕組みによって無課金はソシャゲを一定時間ごとに起動させる必要が出てきます。しかし、好きな時にプレイできず時間を縛られるソシャゲはゲームと呼べるのでしょうか?

現実の時間を犠牲にしてまで課金しない遊び方を選んでしまうのはなぜでしょうか?私はこれを「完璧主義」が原因で起こってしまうものだと推測します。
続きを読む

最近はソーシャルゲームの問題が多く報じられてます。その中でも特に凶悪とされるのが「ガチャ」という課金システムです。

〇〇のキャラが出るまで何十万使った、表記通りの確率でキャラが出ないなどなど。この記事を見ているみなさんなら多少なりとも聞き覚えがあるかと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ