ポケモンGO、みなさんは続けていますか?サービス開始当初は凄い話題になっていましたが、現在ではその熱は冷めてしまった気がします。

暑いから外に出たくないとか、お盆は他の事で忙しいとか色々原因はあると思いますが、一番の理由は「ゲームとしてつまらない」 からだと私は考えています。

そこで、今回の記事ではこのブログで度々出てくる「7つの成長要素」を使って、ポケモンGOがつまらない原因を一つ一つ分析していこうと思います。


7つの成長要素とは、
  1. 挑戦の精神を持つ
  2. 自分を強く、幸せにしてくれるものを探す
  3. 柔軟性を得ようと努力する
  4. 目標に向けて毎日確実に進む
  5. 繋がりを築く
  6. ヒーローの物語を見つける
  7. エピックウィン(大勝利)を追求する
この7つの思考パターンの事で、人はこれらの思考パターンを感じた時に精神的に成長できるといわれています。
たとえ擬似的でも、7つの成長要素を多く満たしているゲームは、面白くて優れているゲームだと私は判断しています。今回は1番目と2番目を検証していきましょう。

1,挑戦できる敵が居ない 

サービス開始当初はともかく、現在のジムは高CPのポケモンで溢れています。少しばかりレベルを上げても全然勝てず、手頃な強さのCPUや知り合いとも戦う事も出来ないので、結果としてポケモンの強さが無駄になってしまいます。

ポケモンバトルをする機会が無いので、ポケモンを強化したり、高CPのポケモンを捕まえる喜びも少なくなっていきます。この事はゲーム全体の問題点となっています。

2,レベルが上がる度に不便になっていく

おそらく、ほとんどのプレイヤーがより多くのポケモンを捕まえるためにゲームを続けてるのではないでしょうか。
しかし、このゲームはレベルが上がるごとにポケモンを捕まえにくくなってしまうため、プレイヤーの成長する楽しみを阻害してしまってるのです。

序盤はどんなポケモンでも、ボールが当たりさえすれば一発で捕まえれます。ですが、プレイヤーのレベルが上がるにつれ、高CPのポケモンが出てくるようになり、ポッポなどの大量に出てくるポケモンですら簡単に捕まえれなくなってしまいます。

このゲームではポケモンを進化させるのに大量のポケモンを捕まえる必要があるため、CPに興味のないプレイヤーにとっては高CPのポケモンは時間がかかるだけの厄介な存在となってしまいます。

また、レベルが上がるにつれてポケストップから出るアイテムの種類が増えていくのも問題です。HPを回復するアイテムが増える度にボールや卵の出る確率が下がっていくため、レベルが上がれば上がるほど不便な思いをすることになります。

トレーナーレベルが上がるごとに、ポケモンを捕獲する能力が「劣化」していくのです。これではゲームを進めるモチベーションが保てません。


「成長している実感が湧かない」、これはゲームとしては致命的な欠点です。以前の記事では「ポケモンGOをプレイすれば健康になれる」と紹介しましたが、ゲームとして面白くなければ誰もプレイしなくなるのは明白です。

とはいえ、まだ正式リリースから1ヶ月しか経過していないのも事実です。運営はユーザーからのフィードバックを分析し、面白いゲームにアップデートして貰える事を願っています。

次回以降も7つの成長要素を使い、ポケモンGOの検証をしていきます。それではまた。