今回は「ストレスはなぜ健康に悪いのか?」を解説しようと思います。

ストレスの起源、歴史などはこちらを参照ください。

脳は思い込みで出来ている

無題
1998年に、アメリカで大規模な実験が行われました。3万人の成人に対して、「1年間でどれぐらいストレスを感じましたか?」「ストレスは健康に悪いと思いますか?」と言う質問をしました。

その後、8年間に及ぶ追跡調査をした結果、強度のストレスがあると答えた人は、死亡リスクが43%も高まっていたのです。

ここまで聞くと、「やっぱりストレスは体に悪いんじゃないか」と感じるでしょう。ただし、死亡リスクが高まったのは、ストレスが強い人の中でも「ストレスが健康に悪い」と答えた人達だけでした。

しかも、ストレスが強いと回答した人の中で、「ストレスは健康に悪くない」と答えた人達は、参加したグループの中でもっとも死亡リスクが低くなりました。

本当にストレスが健康に悪いのなら、このような研究結果が出ることはありえません。「ストレスが健康に悪い」と思い込んでるからこそ、様々な病気にかかってしまうのです。

ストレスを活かす生き方

そもそもストレスとは、「生き物が生きるために」必要な感情です。ストレスを感じるという事は、その状況から一刻も早く脱出したいと考えているからです。

それなのに、そのストレスを解消するために、 暴飲暴食を繰り返したり、飲みや遊びに行って気分を間際らしたり・・・。これらの行動は、その場ではストレスは解消されるかもしれませんが、根本的な解決にはなっていません。

それらの事に時間を使うなら、現状を変える手段・・・例えば転職や、親からの自立、自分がやりたい職業に向けた勉強などに、ストレスの持つエネルギーを活かした方がいいと私は思います。

まとめ

たしかに重度のストレスは、病気を引き起こす危険性も秘めています。しかしそういったストレスは、実験用のラットが拷問のような扱いを受けて検出されたストレスです。私達が普段生活する中で、そのようなストレスを受ける可能性は殆どありません。

とはいえ、ストレスの誤った認識を覆すのは簡単ではありません。みんなストレスが悪いものだと信じきっています。しかし、ストレスをバネにして大きな成功を収めた人が居ることを、私達は知っています。

インターネットを使えるということは、それだけで正しい情報を集める事が出来ると私は信じています。せめて私達の身近な人たちには、ストレスの正しい効果を伝えるよう努力したいものです。

それではまた。