六年前、自分の生き方に疑問を感じていた私は、今まで続けていた仕事を辞め、パソコンの技術を習得するために職業訓練校に通っていた時期がありました。

結局親元から離れるのが嫌で(20代半ばのいい年でしたが・・・)、地元にはIT企業が無かったために、違う職種に就く事になったのですが、訓練校で身に付けた技術は今でも役に立っています。特にHTMLやCSSなどといったウェブサイトの基礎を構成する言語を理解していた事は、このブログを作成するうえで助かりました。

しかし、サイトの骨組みは理解できても、サイトを訪れてくれる人が増えなければ意味がありません。そこで、「SEO対策」を習得するために、「成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座」という本で学習する事にしました。今回はそれの解説をします。


SEO対策とは何か


SEO対策の「SEO」とは、”Search Engine Optimization”(検索エンジン最適化)の略で、Googleやyahooのような検索エンジンのルールに最適化したウェブサイトを作る事で、検索結果の上位に表示させ、訪問者数を増やす事を目的とした技術です。

今の時代は検索エンジンでキーワードを使ってサイトを探すのが一般的です。 ツイッターなどのSNSにリンクを張る事である程度の訪問者数は見込めますが、やはり限界があります。より多くの人に見てもらうためには、SEO対策は避けて通れません。

幸い、今のブログは自由度が高く、企業用のウェブサイトのようなSEO対策を施す事ができます。そのためには時間をかけ、コツコツとブログを最適化していく事が重要です。

本書の内容


2016年6月に初版が発行されたほどの新しい本で、その内容は最新の情報で構成されています。この一冊さえあればSEO対策は完璧と言えるでしょう。SEO対策の初心者にも分かりやすく、手順に沿って実行すれば効果が出る仕組みとなっています。

8つの章、78のSectionで構成された解説は、その一つ一つが重要な要素を持っていて、全て実行するにはある程度の時間がかかりますが意味の無い項目は無いと思われます。以下に8つの章の簡単な解説を載せます。
  • 第一章 最新の状況をふまえた基礎知識
    SEO対策とは何か、また10年後も通用するようなSEO対策の方法を解説しています。

  • 第二章 課題から対策を検索していく逆引きリスト
    現在起こっている問題を解決できるSectionを検索できます。ある程度SEO対策が済み、行き詰った所がある時に読み始めるのがいいかもしれません。私も最初は飛ばしました。

  • 第三章 サイト設計やサーバー選定などのウェブサイトに関わる基礎知識
    この章では主に商用を目的としたウェブサイトの作り方を解説しています。個人のブログのみを扱う方は飛ばしてもいいでしょう。

  • 第四章 URL選別やクローラー対策、スマホへの対応といった、サイトの運営を早く伝える手段
    ブログにSEO対策を施したい方はこの章が一番重要です。クローラー(検索エンジンが持っているウェブサイトを探すためのBOT)へサイトの情報を伝えたり、サイトをスマホに対応させて見やすくしたり・・・。
    この章の全てのSectionはすぐ実行するべきでしょう。

  • 第五章 コンテンツ製作のための、正しいマークアップ法
    マークアップ法とは、「HTML」と「CSS」の事で、この二つの言語が全てのサイトの基本を構成しています。最初は難しいですが、ある程度サイトの知識が付いてきたら理解しやすくなります。
    実は、このブログの見出し(左と下に罫線が入って、文字が大きくなってる部分)もこの章を読んで改善しました。見た目では分かりませんが中身は別物と言っていいほどに変わっています。
    この様に見た目では分からない中身を変える事で、検索エンジンにサイトを認識しやすくなるように最適化していく方法が解説されています。

  • Google Search Consoleを利用した、効率的なサイトの運営、管理法
    Googleが提供しているこのサービスを利用する事で、利用状況やサイトのエラーチェック、SEO対策の効果などを確認する方法が解説されています。

  • ペナルティの判定法と対応法
    サイトの構造によっては検索エンジンにペナルティを受ける可能性があります。そうならないように、検索エンジンが発表しているガイドラインを確認し、そのルールに沿ったサイト構造にする必要があります。

  • 便利な無料ツールの紹介
    プロも使っているような便利な無料ツールの紹介をする章です。

まとめ


いかがでしょうか?もしあなたがサイトを運営している、もしくはこれからサイトを始める予定でしたら、まず本書を手に取りSEO対策を意識する事が重要かもしれません。やはり、検索エンジンから来る人が増えるというのはモチベーションを保つのにも役立ちます。

もちろん、すでにSEO対策を施しているという方でも、その方法が古くなっていないかの確認や知識の整理に役立つかもしれません。それほど多くの知識が詰め込まれた本書はSEO対策の決定版と言えるでしょう。

私自身もSEO対策を進め、目標としてこのブログで特に力を入れている「アドラー心理学」や「スーパーベター」 などで検索された場合に、上位に表示されるよう努力していきます。

それではまた。