前の記事:スーパーベター、その効果を考える

人間が成長するには、困難な試練にたいして真剣に取り組む必要があると本書には書かれています。しかし、そういった試練は失敗すれば重大なトラウマやストレスをかかえる事になってしまいます。

ではどうすればいいか?答えは簡単、ゲームをすればいいんです。


とある研究によって、実体験でショッキングな事が起きた後に起こる成長(PTG)と、自分から進んで引き受けた試練による成長(PEG)が同じ働きをする事がわかりました。

という事は、自分から試練にチャレンジをすれば、失敗による痛みを恐れずに成長できるという事です。

そこで必要となる7つの行動パターンがあるのですが、ゲームをしているみなさんなら、すでに実行出来ているものも幾つかあるでしょう。以下にその7つを掲載します。  

1.挑戦の心を持つ

困難な状況に自ら立ち向かう事を表しています。強いボスキャラや手ごわいステージに挑戦したり、クリア出来そうで出来ないあの曲に挑戦し続ける感じです。

2.自分を強く、幸せにしてくれるものを探す

手ごわい強敵に挑むにはパワーアップが必要です。経験値を貯めてレベルを上げたり、装備を買うためにお金を貯めたり・・・。アクションゲームなどでは、難しいステージに何度も挑んで練習する事ですね。 

3.柔軟性を得ようと努力する 

ダンジョンの仕掛けをといたり、ボスキャラに対抗するために戦法を考えたり、パターンを覚えてそれに対応する動きをする感じですね。こういったチャレンジに気軽に挑めるのはゲームならではだと思います。

4.困難な目標でも前に進み続ける

大抵のゲームはいわゆる「ラスボス」 を倒すために前進していきます。このために町のおつかいや魔物退治などの小さなクエストからこなしていき、ゆくゆくはラスボスを倒すという目標に手が届くようになります。(ラスボスが到底倒せなさそうなゲームもありますが・・・。)

5.繋がりを築く

やはり1人の力では限界があります。そこで仲間を増やしたり、協力してくれる人を見つけるのです。
オンラインゲームでも現実では顔も見た事がないような人が仲間になってくれたり、色々手助けしてくれます。

6.英雄達の物語を見つける

ゲームの中には英雄的活躍をする人が沢山います。そういった人達の物語を知り、自分もそうありたい!と思う気持ちが重要です。これは映画や小説、アニメなどでも実感できます。

7.恩恵を見つける技術を習得する

ゲームではどんな絶望的な状況からでも逆転できる要素をもっています。
例えば、魔王を倒した事で世界に平和が戻った、などですね。
これにより、チャレンジに成功すればすごい良い事が起きると体感できます。

まとめ


いかがでしょうか?ゲームをしている私達にとっては当たり前な事が並んでいます。 しかし現実ではそうはいきません。 

チャレンジに失敗したら痛手を負う、自分を鍛えようと無茶をすると病気になってしまう、マニュアルから外れた行動を取るとうまくいかない事もある、どんなに練習しても上達するとは限らない、嫌いな人間に関わらなければならない時もある、狡賢い人が上でのさばっている、チャレンジに成功しても結果が得られるとは限らない・・・。

世の中には理不尽な事が溢れています。ゲームのように楽しく過ごしたいと考えていても中々うまくいきません。

しかし、本書に書かれている「ゲームフルに生きる」という事を実践できれば、すぐに結果は出なくても少しづつ状況が改善されていくと私は考えています。 

次回は「現実でゲームフルに生きるにはどうすればいいか?」という事を解説していこうと思います。それではまた。 






















個人的に気になる事があります。本書ではキャンディークラッシュやファームビルなどの海外のソーシャルゲームは紹介されていますが、日本独特の「ガチャでキャラや装備を手に入れて強くなる」タイプのソシャゲは一切触れられてません。

見知らぬ人と協力して進める事ができるソシャゲはいい影響を与えてくれると本書では書かれていますが、はたして現実のお金をかけて他人と争うソシャゲはどのような影響を受けるのか。

まだ研究が進められてないので私には何とも言えませんが、もしなんらかの研究結果が出たらこのブログで紹介しようと思います。 

次の記事:スーパーベター、その効果を考える(3)