今日はこのブログの趣旨について書いていこうと思います。

実は私、つい最近までは全然本読まない人間だったんですよ。 本とか高いし無駄に場所取るし文字ばっかでつまらないと思ってたんです。それが今では空いてる時間はずっと読書ばっか、なぜそうなったんでしょうか。

きっかけはツイッターでゆうきゆう先生の「マンガで始まる心療内科」を見かけたときです。今まではネットで心理学関連の情報を漁る事はあったんですが、どれも1,2ページ流し見しただけで中途半端な知識しかなかったんです。

ですがこのマンガはとにかく分かりやすく、ユーモアに溢れた解説でたちまちその魅力にとりつかれてしまいました。急いで中古本屋に走ってあるだけの単行本を買いあさって読みふけりました。その時から読書が習慣づいた気がします。(マンガですが・・・)

次に私が目を付けたのはアドラー心理学です。現代社会における窮屈な風潮をあざ笑うようなアドラー先生の自由奔放な考え方に共感し、一冊の本を買いました。「アドラー心理学入門」です。

本の内容は名前の通り入門的なものですが今の私の生き方にだいぶ影響を与えてくれました。この本を読んでなかったらブログを書き始めようとも思わなかったかもしれません。この本の詳しい感想はその内書いていこうと思います。

本のいい所は著者の主張がこれでもかというぐらい詰め込まれている所だと思います。同じアドラー心理学を扱った本でも著者によって違う視点で描かれ、多種多様な文章で表現された世界は本を読み比べないとわからないと思います。今までほとんどネットでしか情報を得ていなかった私にとって衝撃でした。

ネットの世界はありとあらゆる情報が存在しています。しかし、やはりネットの断片的な情報だと新しい趣味を始めるきっかけになりづらかったり、無駄に時間を浪費して終わる事も多い気がします。今までの私がそうでした。

やはりある程度の深い知識を得ようとすると本を読むのが一番早くて確実だと思います。このブログではそういった入門的な本を紹介する事で、このブログを見てくださってるみなさんが新しい事に挑戦するきっかけを作ったり、効率的に物事を進められるよう手助けできたらいいなと思います。





















でもそのうち飽きて唐突にポップンの事や今やってるブラウザゲームの事を書くようになるかもしれません。
その時はブログのタイトルも変えるかもしれませんがよろしくお願いします 。