最近車のオーディオとPCで聞く音楽の差が気になってきたなと思い始めてネットで色々調べてみたんです。

そしたらUSBDAC?WASAPI?やら聞いた事のない単語がいっぱい出てきてわけわからなくなったので、分かりやすい本をいつものようにAmazonで探してたんです。

そこで見つけたのが「PC&ネットワークオーディオ 超入門ガイド」今日はこの本の感想を書いていこうと思います。

元々音質にはあまりこだわりのなかった私は3000円弱のスピーカーにPCを直接繋ぎ、WMPやItunesなどで音楽を聞いていました。ニコニコ動画とかで聞くならこれで十分だと思っていたんです。

しかし、この本を読むと、音質どうこうではなく、そもそもパソコンのデフォルトの設定だとノイズなどの余計な音が混ざるという事に気付きました。以下にその原理について簡単に説明して行きます。

まず、パソコンの中ではオーディオデータはデジタルとして扱われます。これは0と1の集合体でできていて、パソコンに詳しい人ならなんとなく分かると思います。それを我々人間の耳に聞こえるようにな音楽、いわゆるアナログオーディオというのにPCの中で変換されます。

ここで問題が一つ、。パソコンの中ではCDの音だけではなくOSのシステム音、またはサイトやフラッシュなどの音も扱います。

それをパソコンの中のオーディオエンジンというシステムが調整して音を出すんですが、どういうわけか音質を劣化させてしまったり、他の音の影響でノイズが混ざってしまうらしいです。これではパソコンでは劣化した音源しか聞く事ができません。

そこで「USB-DAC」という機械の出番です。これは正式にはUSB端子をPCに繋ぐDAC「Digital to Analog converter」という物です。

USB経由でパソコンからデジタルオーディオデータを受け取り、それをUSB-DACの機能でアナログに変換、それをアンプやスピーカーに飛ばして音を出す、という仕組みらしいです。

パソコンの外で変換する事でノイズやシステムの制約から解放され、音源そのままのクリアな音が聞こえるようになるらしいです。

勿論本格的なアンプやスピーカーを追加すればより迫力のある音楽を楽しめるようになるでしょう。パソコンでいい音楽を聞こうとするならUSB-DACは必須となるアイテムだと思います。

その他にも、この本には再生プレイヤーの選び方、予算と部屋の広さによってどのような機器を購入すればいいか、またパソコンを使わずにネットワーク上のファイルサーバーから音楽を読み込む「ネットワークオーディオ」の詳しい解説ものっています。私のようなオーディオ初心者には強い味方です。

何も分からないまま高級な機器を買うより、まずはこの本で基本的な知識を身につけてから必要な機器を選んだほうが結果的にお金の節約になると考えます。

現在はUSB-DACを導入し、スピーカーも小型の物ですが買い変えた事でかなりオーディオ環境がよくなりました。これからはアンプや5.1chのスピーカーなどの導入も予定してますので、進展がありましたらこのブログで発表しようと思います。それではまた。