rewriteのアニメも佳境に入り、アニメ化に辺り省略されたであろう個人ルートの詳細を知りたくて、原作にも手を出しちゃいました。 今回はそれの感想を書いていこうと思います。



rewriteとは


rewriteとは、「泣きゲー」を生み出したと言われるゲームブランド・keyより2011年に発売された恋愛アドベンチャーゲームです。しかし、その内容は単純な「ギャルゲー」ではなく、人間による環境破壊やそれによる星の命の枯渇、「超人」と「魔物使い」と呼ばれる人間の力を越えた人間同士の争いなど、いわば「超能力バトル物」と呼ばれてもおかしくない話の規模の大きさを持っています。

序盤の流れ


しかし、プレイ開始直後の序盤の展開は、ギャルゲーによくあるヒロイン紹介パート、 緩いギャグを交えた日常パートなどで構成されており、時々伏線となるであろう展開を挟む以外は、平和な展開が続いていきます。アニメ1期を見終わった方や、現在2期のterra編(ゲームでは終盤)を見ている人にとっては、この日常パートは少し退屈なものになってしまうかもしれません。(私もそうですが・・・。)
さらに、時折挟まれる別ライターの話(この作品は3人のライターで書かれています)は前後の話と比べて違和感があることも多く、(主に学食でのルチア)シナリオの統一感を求める人にとっては苦痛かもしれません。

しかしながら、こういった様々な展開を含めるのもこの作品の魅力ですし(それ自体が伏線ともなっています) 、声優陣の熱演も相まってクスっとする事もあります。(特に静流と小鳥の声真似)
また音楽も素晴らしく、それぞれのヒロインのテーマなどはそのヒロインの生き様を見事に表現していると思います。

プレイ出来るハード


現在rewriteはPC、PS3、PSP、PSvitaで発売されています。その内最初に発売されたPC版はモブキャラクターに声が付いてなく、後にコンシューマーで発売されたものは主人公以外のフルボイス化などの追加要素があります。私は購入したのはPC版にコンシューマー版の追加要素を導入し、更にファンディスクも同梱したrewrite+です。今からプレイするなら、PCのスペックを満たしているならこれ一択でしょう。

私自身、まだ個人ルートにすら到達していないので、これからもプレイ感想をこのブログで語っていきたいと思います。それではまた。